1. 精米機特集TOP
  2. 玄米Q&A
  3. 後で後悔しないために!危険と魅力がいっぱいの玄米、どちらを優先?

後で後悔しないために!危険と魅力がいっぱいの玄米、どちらを優先?

ミネラルたっぷりで、栄養価の高い食品として有名な玄米ですが、副作用やアレルギーの危険も含んでいます。
農薬も残りやすいと言われており、単純に食べ続ければ良いというものではないのです!

玄米の副作用って?

ミネラルや食物繊維がタップリ含まれている玄米ですが、玄米にもデメリットと言うべき副作用や危険はあります。
最も代表的な危険は、残留農薬です。

玄米は精米されていないため、もみ殻の中に農薬が残っている可能性があり、分づきのお米にした場合などは、特にその危険性が高くなります。

また、お米には微量ですがアレルギーを起こすタンパク質が含まれており、そのタンパク質の量は玄米の方が多いのです。
玄米は白米に比べて、土中の重金属などの有害成分を多く含んでいますので、そういったものに反応してしまう人もいます。

玄米を食べ続けると危険?

玄米にはすばらしいデトックス効果があり、体内にたまった有害な重金属などを排出する作用がありますが、玄米に含まれる「フィチン酸」という物質は、有害な重金属だけでなく、体に必要なミネラルまで一緒に排泄してしまう働きを持っています。

そのため、長期間食べ続けるとミネラル不足に陥る場合もあり、実際そのような症状が出ている人もいます。
ビタミンやミネラルの必要量は、実は人によって大きな開きがあり、玄米を食べ続けても平気な人と、そうでない人に分かれます。

食べ続けることによって、ミネラル不足で体調不良になってしまう人も多く存在し、特に現代人はミネラル不足になる人が多いのが現状です。

玄米はミネラルがタップリだから大丈夫!と信じ込んでいると危険です。
玄米を食べる場合は、自分にとってどれぐらい食べるのが最適なのか、自分の体と相談しながら食べましょう。

スポンサードリンク

後で後悔しないために!危険と魅力がいっぱいの玄米、どちらを優先?に関連するコンテンツ一覧