1. 精米機特集TOP
  2. 玄米Q&A
  3. さらに保存期間を延ばす方法!玄米を美味しく保つ正しい保存方法とは

さらに保存期間を延ばす方法!玄米を美味しく保つ正しい保存方法とは

玄米を美味しく食べるために大事なのが、保存方法です。
白米と違って保存が長くきく玄米ですが、味を劣化させたないためには、どのように保存すれば良いのでしょうか?保存期間はどれぐらい可能なのか?合わせて解説しています。

玄米の保存方法

玄米を家庭で保存する場合、湿度70%程、温度16℃位を保つのが、最適な保存方法です。
直射日光を避け、できるだけ涼しい場所で保存するのがコツです。

その際に玄米と一緒に、トウガラシや木炭を入れておくことで虫除けにすることができます。

少量を保存する場合は、タッパーやペットボトルの容器に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
野菜室の温度は、玄米の保存に最適な温度・湿度を保てますので、一番美味しいままで保存できますし、虫の発生を避けることもできます。

梅雨の時期などは、なるべく冷蔵庫の野菜室に入れておくのがおすすめ。
湿度や気温が高い時期は、味が落ちる可能性もありますので、その時期だけでも野菜室を利用しましょう。

玄米の保存可能期間

玄米を風通しの良い、気温のそれほど高くない場所で保存した場合、1年程度は味も変わらず美味しく食べることができます。

一番良い方法は、密閉容器に移して冷蔵庫の野菜室で保存する方法ですが、それが難しいようだったら風通しが良く、直射日光の当らない、涼しい場所で保存しましょう。

冷蔵庫以外の保存方法は、どうしても虫が付きやすくなりますので、なるべく早めに食べることをオススメします。
特に梅雨時期の湿気や夏場の気温、冬の暖房は玄米の天敵、常に一定の涼しさを保てる場所で保存しましょう。

スポンサードリンク

さらに保存期間を延ばす方法!玄米を美味しく保つ正しい保存方法とはに関連するコンテンツ一覧