1. 精米機特集TOP
  2. 玄米Q&A
  3. 白米と玄米どっちがオススメ?それぞれのメリット・デメリットを比較

白米と玄米どっちがオススメ?それぞれのメリット・デメリットを比較

毎日食べているお米でも、玄米と白米では大きな違いがあり、この2つを比較した場合、どのようなメリットやデメリットがあるのかを徹底解剖しました!
味や栄養についてももちろん、手間のかかり方なども比較しています!

玄米の特徴とメリット・デメリット

玄米の特徴は、白米と比較してビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいることです。
ダイエットにも向いているとされ、豊富な食物繊維が腸内環境を整えてくれる効果があると言われています。

昔の人が粗食で健康を保っていたのは、栄養タップリの玄米を食べていたおかげと言われています。

しかし、玄米にもデメリットはあり、玄米の栄養成分であるフィチン酸が、カルシウム・リンなどのミネラル吸収を妨ぐため、虫歯になりやすくなったりする場合があります。

高齢者やお子様の摂取には、十分注意する必要があります。

また、炊くのに手間がかかるのもデメリットの一つで、かなり長い時間お水につけておく必要がありますので、仕込みの手間がかかると思っておいた方がいいでしょう。

白米の特徴とメリット・デメリット

白米とは、玄米から糠(ぬか)および胚芽(はいが)を取り除いた状態のお米を指し、日本人の食生活に深く根付いているお米で、現在も最も食べられているのが白米です。

そのメリットは、玄米と比較して味が美味しく、栄養の吸収率が良いということ。
また玄米に比べて、炊飯の手間が非常に少なく、すぐに炊けるところもメリットの一つです。

デメリットは、玄米に比べて栄養価が少ないことです。
白米だけではミネラル分を補うことができないため、おかずでシッカリと栄養を補給する必要があります。

玄米と白米を比較したらどっちがおすすめ?

玄米と白米を比較すると、栄養価が高いけど毎日炊くのは手間がかかるのが玄米、栄養は少ないけど簡単に炊けるのが白米、という比較ができますね。

毎日の健康のために、栄養分の高い食品を摂りいれたいなら玄米、毎日サッと簡単にお米を炊きたいなら白米がオススメです。

スポンサードリンク

白米と玄米どっちがオススメ?それぞれのメリット・デメリットを比較に関連するコンテンツ一覧